子供が産まれた時

教育資金の積立はどのように考えたらいいの?

お子様が産まれた時には、「学資保険」に加入するという流れが定着していますが、そもそも学資保険とはどういうものか見てみましょう。

学資保険を何のために加入するかというと、教育資金に多額のお金が必要であり、そのお金を事前に準備することが大きな目的となります。

保険期間と保険料 データで確認

幼稚園から大学までの必要額のうち、特に大きな割合を占める大学の入学時のお金に絞って準備をすることが一般的です。

高校入学から大学までかかる費用

その方法として学資保険を活用するわけですが、実は学資保険には大きく2つの種類があります。

貯蓄型学資保険
一般的な学資保険として活用される商品です。
受け取る満期金が支払保険料を上回るため、計画的に資金準備が出来ます。
さらに契約者(親)に万一(死亡・高度障害)のことがあった場合には、それ以降の保険料が免除されるため、安心できる金融商品です。
保障型学資保険
貯蓄型の学資保険にお子様の死亡保障・入院保障や育英年金等の保障が上乗せされた商品です。
保障がついている分、保険料が割増となり、支払保険料に対する満期金の割合は少なくなります。
商品によっては元本割れをする場合がありますので、注意が必要です。

それぞれの特長を理解した上で、商品を使い分けることが重要になります。 お子様の保障については、共済などで割安なものもありますので、比較をして活用しましょう。

さらに貯蓄性については、“学資保険以外の保険”を活用することで大きな効果を出す商品もありますので、まずはお気軽にご相談下さい。

診断カルテ
ご相談はこちら

Copyright(C) 2012, ほけん相談.com All Rights Reserved.