決算対策<節税>

決算対策の保険は何を選べばいいの?

決算対策としてまず思い浮かぶものとして節税がありますが、生命保険は税務メリットのある数少ない金融商品です。
しかし、入口(加入時)の損金性ばかりに目を向けて、出口(解約時)の対策が不十分な加入実態になっていることが多いようです。

決算対策として保険を活用する場合には、出口対策を含めて現状に合った商品を選択しましょう。

出口対策として一般的なものとして退職金(→詳しくはコチラ)がありますが、保険商品の内容によって支出時の損益が変わります。

5,000万程度の退職金原資の準備として生命保険を活用した場合の損益

また、退職金以外での活用をする場合は、活用(解約)時期に合わせた商品選びが重要です。
保険は単年だけではなく、毎年保険料を支払う必要があります。
また、商品によって貯蓄性に変動がありますので、加入時の損金性だけではなく、解約時の返戻率のピーク時期をふまえて検討しましょう。

商品活用イメージ

決算対策での保険加入は、節税だけではなく、〝ここぞと言う時″のための
資金準備にもご活用いただけます。
状況に合わせた対策を実践するとともに商品を比較して活用しましょう!

診断カルテ
ご相談はこちら

Copyright(C) 2012, ほけん相談.com All Rights Reserved.