結婚された時(遺族補償)

役員退職金はどのように考えたらいいの?

あなたとご家族の夢のある将来を実現するために、まず将来の希望の“カタチ”をイメージしてみましょう。
ここでの“カタチ”とは、あなたの想いを実現するために今後必要となるお金の総額のことです。
まずは、想いを実現するための今後のライフプランを思い描いてみましょう。

保険期間と保険料

保険期間と保険料

上記のように、役員報酬の増額や役員報酬を支給するよりも、退職金として受け取ることにより、手取り額の大幅なUPが図れます。

“支出のカタチ”が見えると現在必要な“資金のカタチ”が見えてきます。

“支出のカタチ”が見えると現在必要な“資金のカタチ”が見えてきます。

ここで見えた“資金のカタチ”が必要保障額の基となる金額です。

なお、生命保険の必要保障は、この中で公的年金等による収入では賄うことが出来ない金額となります。

※公的年金については、日本年金機構のホームページをご覧ください。

診断カルテ
ご相談はこちら

Copyright(C) 2012, ほけん相談.com All Rights Reserved.