相続

相続対策はどのように考えたらいいの?

事前準備によって大きく差がつく相続対策ですが、基本的なポイントは以下の3つです。
次世代へのバトンタッチである相続が“争続”にならないために、事前準備のポイントについて確認してみましょう。

死亡退職金の考え方


平成27年には大幅な税制改正が予定されており、今後はますます個人で工夫をしなくてはならない時代になります。

相続税改正の主なポイント

贈与税改正の主なポイント

これまでも生命保険は効果的な相続対策として活用されてきましたが、今後はより一層効果的な活用が期待できます。
特に贈与を活用することにより、大きな効果を出すことができ、そのための商品として生命保険は非常に有効です。

また、法人をお持ちの場合は、資産の内訳は「現金」だけではなく、「不動産」や「自社株」など分けられない資産がかなりの割合を占めます。
従って、事前の対策によって相続時の評価は大きく変動してしまいます。
相続が発生してしまうと、相続税を10ヶ月以内に現金で納めなければなりません。
そのため、事前の対策が非常に重要になってくるのです。
まずは、現状分析を行い、誰に確実に財産を渡したいかを考えた上で、今後の課題や対策について確認してみましょう。

保険商品や契約形態を見直すことにより、今後の税制改正を踏まえた効果的な活用を行うことができるかもしれません。

診断カルテ
ご相談はこちら

Copyright(C) 2012, ほけん相談.com All Rights Reserved.