役員退職金

役員退職金はどのように考えたらいいの?

長年にわたる会社への貢献の対価として、役員が法人からお金を受け取るには3つの方法があります。

保険期間と保険料


保険期間と保険料

上記のように、役員賞与の支給や役員報酬の増額をするよりも、退職金として受け取ることにより、手取り額の大幅なUPが図れます。

なぜ「役員退職金」として受け取ると有利なのでしょうか?

退職金の支払いの時には、原則的に損金処理が可能であり、受取り時にも税務上の優遇制度があります。

退職金 データで確認

このように非常にメリットのある退職金ですが、役員退職金の準備には労災や中退共などの制度はありません。

また、現金で積立をして内部留保をする場合は損金処理は出来ません。

さらに退職金には勇退退職金だけではなく、死亡退職金として支払う可能性もあることから、保障の確保が出来る生命保険がお勧めです。


生命保険を戦略的に活用することで、必要な保障を確保するとともに、益金・損金・資金を自由自在にコントロールすることが出来るのです。

上記のようにライフステージに合わせて、必要な保険を組み合わせましょう!

診断カルテ
ご相談はこちら

Copyright(C) 2012, ほけん相談.com All Rights Reserved.